教育事例研究会
Case Study Workshop

| SEA HPへ戻る | sigedu HPへ戻る |

第22回 SEA教育事例研究会2020
−テーマ企画中−
主催:ソフトウェア技術者協会(SEA)教育分科会(sigedu) 共催:熊本大学大学院 教授システム学専攻


 教教育分科会では、毎年初夏の時期に教育の実践報告や最新教育連の情報交換などを中心とした研究会を開催しています。
 テレワーク、リモート学習の時代においてリアルな場と遠隔な場のギャップをどうしたら埋めることができるか、Webミーティングでは難しい人と人との触れ合いや社会性の関係など、どのように補うことができるかなどについて着目して議論します。
 今年も、人材育成やパフォーマンス向上について新しい取り組みを実践されている方、教育工学に基づき教育の最新技術を研究されている方、ユニークな教育展開をされている方、また担当の教育に問題を抱えて悩んでおられる方が集まり、さまざまな実践事例や改善方策について集中討論会を行います。今回はリモート参加も可能ですので奮ってご参加ください。

1.日時:2020年7月10日(金)12:30− 18:00(終了時刻若干前後にずれることがあります。)

2.場所: キャンパス・イノベーションセンター東京 4階熊本大学リエゾンオフィス
      東京都港区芝浦3丁目3番6号
      JR山手線・京浜東北線田町駅 芝浦口(東口) 徒歩1分
      都営三田線・浅草線三田駅 徒歩5分(アクセス方法は下記)
      http://www.cictokyo.jp/access.html

  オンライン参加方法:
      末尾の参加申込書の参加形態欄で「オンライン参加」をお選びください。
      オンライン参加のzoomアカウントなどは、お申込みいただいた方に別途お知らせします。

3.プログラム
 参加者全員による教育改善、改革の実践事例、企画、構想、また未来の教育の展望、教育工学最新情報など、幅広く議論をします。

 (予定テーマ)
  ・テレワーク時代の学習の場
  ・教育改革の実践事例と改善方略
  ・学習ツールの活用事例
  ・メタスキルの育成と授業デザインへの組み込み
  ・その他

4.定 員: 15名(※事前意思表示優先)

5.参加費(集合参加・オンライン参加とも)
  SEA正会員:1,000 円 SEA賛助会員:2,000 円 一般:3,000 円 学生:1,000 円
  オンライン参加の方は別途振込口座をお知らせします。
6.スタッフ
 実行委員長:米島 博司(ハ゜フォーマンス・インフ゜ルーフ゛メント・アソシエイツ)

7.申込期限:2020年 7月 8日(水)

8.申し込み方法:
以下の申し込みフォームの記入の上、送付先宛メールをお送りください。
*******************************************************************
第22回SEA教育事例研究会2020 参加申込書
===============================================================
送付先:下記のアドレス宛にお申込ください。(@マーク前後の空白は削除してください)
    E-mail: sigedu_entry [atmark] sea.jp
===============================================================
氏名 (ふりがな):
性別: □ 男  □女
種別: □ SEA会員(会員番号:    ) □ SEA 賛助会員(会員番号:   )  □ 一般 □ 学生
所属団体(学校)名:
部門:
役職:
住所:〒
TEL(半角):
FAX(半角):
E-mail:
参加形態: □ 集合参加  □ オンライン参加
参加費領収証の要否 □ 要  □ 不要
発表テーマ:
 希望時間枠:  分(質疑応答を含めて40〜50分程度)
  ※参加者数によって若干変動することがありますのであらかじめご了承ください。
懇親会: 参加する・参加しない